Windows 8 Proには、「クライアント Hyper-V」と呼ばれる機能が用意されています。これは、旧WindowsのVirtual PCやWindows XPモードなどの後継となる機能で、Windows 8上でWindows 7やWindows Vista、Windows XPなどをそのまま動かすことができます。

Windows XPなどの旧Windowsでしか動作しないアプリケーションソフトが必要な場合は、[クライアントHyper-V」で旧Windowsを動作させ、そこにアプリケーションをインストールすることで、Windows 8と共存させることが可能です。「クライアントHyper-V」で旧Windowsを利用するためには、旧Windowsのライセンスが必要になります。